1. >
  2. 出版と利用について

出版と利用について

出版をしようと思ったのですが、イメージではもっと簡単にできるのかなと思っていたので、正直難しかったです。出版されている本で電子書籍の出版の仕方のようなものがあるのですが買うまではいいかなと思ってしまいます。自分が出版ではなく読む場合は、とても使いやすく紙の本だと置く場所に困るので、とても便利です。書籍より少し安いものもありますが、もしろ書籍と同じ値段で買っても全然抵抗がありません。逆に書籍よりも高くしたら、どうなるかが気になります。

電子書籍のメリットとデメリット

私は主に漫画を購入する際に電子書籍を利用します。電子書籍はとても便利で効率の良いものです。自宅にいながら好きな漫画をすぐに購入でき、片付ける場所も必要としないので、いくら購入しても場所を取ることはありません。また、無料漫画などもあるため、タイミングが合えば読みたかった漫画を無料で読むことができます。サイトによっては一度購入してしまえば、無料漫画でも永久に読むことのできるものもあります。

ただ、発行の古いものだろうと一冊の値段は変わらないので、古本屋などと比べてしまうと少し高く感じるかもしれません。

電子書籍の良し悪し比較

今の時代、本屋さんに行っても封がしてあるものが多く昔のように中身を確認することができなくなったので、巻数の間違いで購入してしまったりもしました。

最近では、電子書籍のアプリなどがたくさんあるので読んでみたい本や、気になる本を確認できるのはとても嬉しいです。

ですが、無料となるとやはり課金制度や時間やポイントなどで簡単に読めないようになっているのでもどかしさを感じるのも事実です。本屋で購入する前に、確認してジャケ買いのように失敗が減ることは嬉しいです。

ただ、課金して全部読んでしまうようなこともしばしばです。

なのて、良いものなのかあまり良いものではないのかの点数をつけるならば半々なのではないかと思います。